▼ 安全管理方針 ▼

四万十交通では「安全を確保し、心のこもったサービスを提供する事により、地域の皆様から信頼される健全な企業を目指します。」を経営理念とし、次の項目を中心に安全性向上に積極的に取り組んでまいります。

1・輸送の安全に関する基本的な方針

〈1〉全社員が輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全な確保に主導的な役割を果たす。

〈2〉輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行する事により絶えず輸送の安全の向上努めてまいります。


2・輸送の安全に関する計画

〈1〉安全が最優先であることへの意識の徹底
社内での教習および講習で安全が何より優先する事、それに関する法令を遵守することを説き、安全第一の風土作りに努めます。

〈2〉教育、研修の充実
NASVA主催の安全マネジメントに積極的に参加し「輸送の安全に関する重点実施」の進歩状況を適宜チェックします。

〈3〉PDDAサイクル体制の確立
Plan《計画》(安全方針の作成)→Do《実効》(双方のコミニュケーションの確保)→Check《検証》(内部監査の実施)→Act《改善》(継続的な見直しと改善)のサイクルを実行し、経営トップが現場における安全体制を具体的に把握し、現場の情報、課題がフィールドバック出来る体制を確立させます。
ページトップへ